2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.12.17 (Thu)

バーニーズ・ハミングbaby、生後21日

ハミングが食べているご飯に興味を持ち出してきた子が何頭かいたので、今日から離乳食を始めてみました。
大きな食器にてんこ盛り。
我が家の子犬への給餌方法はかなり大雑把です。
離乳期から始まり、成長期の幼犬は、食べるだけ与えて、残したら片付ける方式。
あとは体つきをみて、太りすぎていたり痩せすぎているようなら、個別に給餌方法や回数を変えたりメニューを変えたりします。
m2015_12170003.jpg
m2015_12170005.jpg
m2015_12170008.jpg
食器を置いたら、食べに来た子もいれば、臭いを嗅いだだけで遠ざかっていった子もいます。
最初はこんな感じです。
体が大きくなってきて動くようになってくると、お乳だけではエネルギーが足りなくなってきます。
そうすると自然と食べることも覚えていきます。
母乳保育の母犬も、子犬がフードを食べるようになっていくと自然に母乳の出方も減っていきます。
この離乳期に差し掛かってくる時期が一番お乳が出ている時期でしょうね。
栄養をたっぷり摂ってもらうためにもハミングにもしっかり食べてもらいます。
このご飯、ハミングが残りはペロリと平らげてしまいます。
ふやかしフードなので大盛りに見えますが、実際にはこれでドライフード500g程度かな。
これを授乳期は朝晩2食、離乳が進んできてもっと欲しがる時には3食、親子で食べ干していきます。
母性の強い母犬は、こんな風に離乳食を作って与えていても、子犬のために自分で食べたフードを吐き戻して、離乳食として子犬に与える子もいます。
子犬が母犬の口を舐めたりすると、反射的にフードを吐き出したりします。
犬同士で口を舐めあう行動というのも愛情表現とか母性をくすぐる行為なのでしょうね。
食欲を満たされて育つと言うことは、心身共に幸せなことだと思います。
健康的なムチムチボディーの子犬は、犬種問わず、サイズも関係なく、じつに愛くるしいですよね。

ランキングに参加中~
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ ←1日1回ポチッとヨロシク!
スポンサーサイト
17:20  |  子犬の成長ぶり  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mikotakids.blog62.fc2.com/tb.php/1451-02996aed

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |