2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.06.11 (Sun)

ダブル帝王切開

昨日、ブルドッグの帝王切開がありました。
それも2頭同時のダブル出産!
こんなこと、あり得ない~~!!と思うほど、ここ数日間は緊張状態で過ごしてました。
交配日もほぼ同じだったので、出産も重なると予測。
交配から1か月の時点でエコー検査を受けていたので、病院にも予定日は連絡済み。
獣医さんとも数日前から連絡を取り合い、計画を立て、段取りを決めていました。
ブルドッグの帝王切開はただでさへ大変です。
それが2頭重なるとなると病院側も業務に支障が出ないようスタッフの確保や業務連携も必要となります。
予定日が近づくにつれ、陣痛が先か、計画出産の帝王切開の日取りまで持つか、ハラハラでした。
そして、昨日、いよいよ計画出産予定日の帝王切開の日を迎えたのです。
mCIMG9141.jpg
出産直前の妊婦さんたち。
ピストンとハムです。仲良しです。

mCIMG9299.jpg
朝9時、いよいよ病院に向けて出発です。
今回お世話になるのは、ブルの出産で定期的にお世話になっている札幌の動物病院です。
この出発の時点で、じつはピストンにはお産の徴候がジワジワ出ていたのです。
陣痛がいつ始まってもおかしくない状態でした。

2時間半かけて病院へ到着。
今回は心強い助っ人がいました。
病院へは私一人で行きましたが、病院にはきなパパが駆けつけてくれていたのです!
単身赴任で札幌に住んでいるので、手伝ってくれたのです。

まずは受診。
先生が気にかけていたピストンのエコー検査でお腹の赤ちゃんの状態を確認したのですが、あまり芳しくないとのこと・・。
受胎数は1頭で、その赤ちゃんが上の方で横向きに入っているらしいのです。
これが原因で陣痛が始まらなかったのであろうとの所見です。
そのままオペの準備をして帝王切開開始!

先生の話では、昨日あたりの帝王切開の方が状態は良かったのかもしれないとのことでしたが、無事元気なでっかい赤ちゃんが産まれました。
母子ともに大丈夫です。

ピストンの縫合が終わる頃にはハムの出産前の検査も終えてスタンバイしてました。
オペは2頭とも院長先生が執刀してくださいました。
先生は休む間もなくハムの帝王切開を始めました。
ハムの方が赤ちゃんはエコー検査で4~5頭とのことだったので、頭数分のスタッフがタオルを持って待ってます。
私もいつものように出産に立ち会わせてもらいました。
お腹から取り出したばかりの赤ちゃんたちの処置をしてマッサージをしているところを撮影。

ハムの赤ちゃんたちの方がちょっと早い感じです小さいです。
少し麻酔の影響があるのか動きがスローモーションですが、顔色はみな上々。
小さくてまだまだ弱々しいですが、5頭全員大丈夫そうです。

mCIMG9329.jpg
右隅の1頭がピストンbabyの一人っ子。
他は全部ハムの子!
だいぶサイズが違いますね。

mCIMG9307.jpg
2頭同時帝王切開で全部で6頭の可愛い赤ちゃんに恵まれました。

一晩あけて今朝の母子の初授乳の様子です。
mCIMG9347.jpg
ピストン親子+ハムの子2頭

mCIMG9335.jpg
ハム親子

産婦2頭はどちらもご飯も食べられたし大丈夫そうです。
母子揃って体調がしっかり安定するまでは全くもって気が抜けませんが、頑張ります。
全員無事育つよう一緒に祈ってくださいませ。。。

こんなそんなで、子育てで大忙し!
しばらくは犬舎見学などの急な対応はゴメンナサイです。

ランキングに参加中~
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ 


スポンサーサイト
11:59  |  子犬誕生  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mikotakids.blog62.fc2.com/tb.php/1731-679d621f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |