2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.06.29 (Thu)

野菜も花もモリモリ!

雨上がりの朝を迎えました。
このところ天候不順で日照不足気味のマイガーデン。
ばーちゃんと二人で趣味で花を植えたり野菜を作ったり!
富良野はラベンダー観光で有名な土地柄です。
我が家の庭先のラベンダーも色づき始めてます。
mCIMG9814.jpg
早咲きの品種のつぼみ状態です。
開花してくるといい香りが漂うようになっていきます。

mCIMG9832.jpg
パンジーは雨が続いてズルズルに伸びてきますが、まだいっぱい花を咲かせています。

mCIMG9796.jpg
玄関前のペチュニア鉢は切り戻しをして株を大きくしている最中。

mCIMG9799.jpg
もう少ししたらパンジーを撤去して夏の花に植え替えるので、代わりの草花を育てています。
虫食いが出たり病気になったり、ワンコと一緒で手間がかかります。

バニの運動場の周辺もぐるりと草花を植えているので見て回ります。
ついでにワンコもパシャリ!
一番右側のバニが誰だかわかりますか?
ついこの前まで赤ちゃんでピーピー騒いでいたおさむです。
mCIMG9858.jpg
生後半年になりました。
すぐ隣はマヨネーズ(女の子)。
男の子は生後半年ほどで成犬の女の子サイズにまでなってしまいます。

mCIMG9862.jpg
左:ドレッシング、右:おさむ

mCIMG9864.jpg
急激な成長過程の大型犬のパピーは気をつけないとこの月齢くらいになると足腰にも負荷がかかります。
飼育環境や育て方によって足腰の関節を悪くしやすい時期です。
股関節形成不全なども発症しやすい時期だったりします。
先天的要素の病気だけでなく後天的要素も加わるのでいかに狂わせないように育てるかと言うのもとても大事なところです。
急激な成長期には成長痛も出てくることもあります。
もしも不具合や痛みがある場合は病的なものなのか、成長痛なのかを診断することも大切です。
大地を踏みしめ、滑らない環境でのびのびと筋肉質に健全性を保って育てることで負荷も軽減!
そのため私は大型犬のバーニーズは室内飼育よりもできることなら屋外でノーリードで育てることを推奨しています。
室内犬というとそれはそれで沢山メリットもありますが、人と共に暮らす屋外室内自由飼育が一番の理想の形ですかね~。

裏庭では野菜を色々育ててます。
雨がいっぱい降り、雑草ばかり伸びていたのですが、ばーちゃんがキレイに草取りしてくれました!
mCIMG9886.jpg
mCIMG9888.jpg
mCIMG9890.jpg
実のなる野菜苗は低温が続いたのでさっぱり大きくなってません・・。
葉物野菜は雨で雑草同様に伸びてしまい、食べても食べても減りません。
そろそろ私は青虫になってしまうのではないかと思うほど、毎日葉っぱを食べてます。笑

mCIMG9893.jpg
mCIMG9913.jpg
mCIMG9917.jpg
私が移動すると愛犬たちも運動場の中から私の動くところ見えるところへ一緒に移動します。
構って欲しくてたまらないんですね。


ランキングに参加中~
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ 

スポンサーサイト
13:15  |  ワンコ達の日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mikotakids.blog62.fc2.com/tb.php/1739-78b93787

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |