2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.11.28 (Sun)

献血犬 パート2

金曜日の晩、先日ブログ記事にしたワンちゃんの手術がありました。
ドナー犬として待機していたワンコ達を引き連れて病院へ行きました。
バニのトーマス・マリ、予備待機としてブルの肉まん・ボストン・リプトン・ハム。

まずは第一候補のマリの血液検査。
病気のワンちゃんとの血液の相性は3分の2適合とのこと。
他の子達も血液検査を受けましたが適合率が悪くてダメでした。
血液検査の結果としてはどの子も健康状態良好な元気印!
健康に感謝!!

マリから400cc採血です。
血液をとる間、マリは暴れることなくずっとお座りして静かにできました。
s20101126_mari1.jpg
マリ、ありがとね。

そして我が家の待機要員ワンコ達は車で静かに待っててもらいます。
手術でもしも再度血液が必要となったらいつでも採取できるようにね。

手術は夜9時にスタート。
日付が変わり刻々と時間ばかりがたっていきます。
手術が終わりワンちゃんの麻酔が覚めて意識が戻ったところを見届けて帰宅しました。

経過が良ければもう輸血の心配はいらないとのことです。
順調に回復してくれて緊急連絡が入らないことを祈るばかりです。

手術を受けたワンちゃんはシンちゃんと言います。
みなさんもシンちゃんが元気になるように応援して、一緒に祈って下さい。


ランキングに参加中~
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ ←1日1回ポチッとヨロシク!
スポンサーサイト
11:23  |  ワンコ達の日常  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

手術が無事終わってよかったですね。
このまま経過がよくてもう輸血いらなくなることを祈ります。
元気になってほしい・・・

きなママさんとこのワンコちゃんたち、ほんとすばらしい!!
ブルちゃんたちも待機してたんですね(^_-)-☆
TON |  2010.11.28(日) 12:36 | URL |  【編集】

きなママさん

シンは元気です。
面会に行くと笑顔で迎えてくれます。尻尾をバンバン振って(笑)

23日の朝、きなママさんに電話し事情を説明したところ
『3頭でも4頭でも連れて行くよ』の言葉に私も主人も涙しました。

手術の日、血液が適合しなくて、病院と自宅を1時間もかけて2往復(計4時間)までしていただいて、本当に感謝しています。

手術中も私達の気を紛わそうと、たくさんお話をしてくれたお陰で、とても気持ちが楽でした。

手術後シンが部屋に帰ってきて、意識が戻ったとき、涙してくれた事忘れません。

これから、少しずつ焦らず、シンと一緒に病気と闘っていきます。

このブログを見ている皆さんに、きなママさんのお人柄をどうしても知ってもらいたくて、このコメント欄に記入させていただきました。

シンの命を救ってくれた、きなママさんとワンちゃんたちに心から感謝いたします。一生涯わすれません。ありがとうございました。
シンママ |  2010.11.29(月) 12:02 | URL |  【編集】

こんにちは!

シン君だったんですね。掲示板で何度か拝見してた子ですよね?
いっぱいいっぱい元気な血液を貰って元気になってね!!

キナまま~車の運転お疲れさまでしたぁ
でも命を助けることに一生懸命な飼い主さんわんちゃんの為ならなんのその!ですね。
マリちゃん元気な血をありがとぉぉ♪
コナママ |  2010.11.29(月) 14:33 | URL |  【編集】

★TONさん
シンちゃん、今のところ経過良好だそうです。
我が家のワン達、若い子組が大活躍してくれて本当に良かったです。
待機ブル達も家に帰ってからご褒美あげました。
ご飯には生肉のトッピングまでのっけてあげて大喜び!
きなママ |  2010.11.29(月) 18:55 | URL |  【編集】

★シンママさん
大変な1週間でしたね。お疲れ様です。
大切な家族の一員、かけがえのない命をそんなに簡単に諦める訳にはいきません。
連絡をくれて逆に感謝してます。しかもその子が自分の取りあげた可愛い子、手元から離れたとしても我が子にかわりありませんから。
嬉しいことも悲しいことも、どんな形であっても連絡をもらえる事って本当にありがたいことです。
シンちゃんが元気になって一日でも早くご家族の元に帰れますようお祈りします。
きなママ |  2010.11.29(月) 19:32 | URL |  【編集】

★コナママさん
そうなんです。心ちゃんです。
大きな手術にも耐えて頑張ってくれましたよ。
トーマスやマリのヤンチャな血液が役に立ってくれました。
病院までは私よりもシンママさんご家族はそのまた倍の時間かかる遠距離なんですよ。
毎日面会に行ってもらえて心ちゃんは本当に幸せ者!
きなママ |  2010.11.29(月) 19:42 | URL |  【編集】

初めましてリズママで3ペキ+シーズーを飼ってます。
大型犬の献血だと人間並みの量が必要なんですね…
ビックリしました!
随分前ですが、我が家がお世話になってた獣医大学病院の先生が
有る企業と犬の献血をするシステムを作ると
頑張ってらっしゃいましたが難しかった様で
ゆめ半ばで終わってしまった事が有りました。
マリちゃんの様にボランティアの献血に頼るしか
無いんですね…
シン君が早く良くなる事をお祈り致します。
リズママ |  2010.12.03(金) 17:51 | URL |  【編集】

★リズママさん
ようこそお越し下さいました。
ワンコの緊急の輸血は人の輸血や献血よりも厳しい現状のようです。
大きいワンコでも健康であってなおかつ年齢制限もあるとなると献血ボランティアもかなり制約ができてしまいます。
献血ボランティアのネットワークが少しでも広まってくれたら嬉しいですね。
私も今回お世話になった動物病院にはまた献血が必要な時には助っ人ワンコを連れて行くから!と声をかけておきました。
きなママ |  2010.12.04(土) 11:55 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mikotakids.blog62.fc2.com/tb.php/741-e92c01ea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |